メニュー

BIG ROAD! Go to the good place

VIRTUAl MONEY通貨一覧

Stellar【STR】

Stellar【ステラ】STR

 

 

Stellar【ステラ】とは

 

Stellarは、決済プロトコルであるRippleの開発メンバーであったジェド・マケーレブ(Jed McCaleb)が中心になって、Rippleを元に開発されました。初期はRippleのソースコードをそのまま流用したかたちでしたが、後に独自のアルゴリズムを開発し導入しています。

StellarもRippleと同様の決済プロトコル・価値交換プラットフォームですが、企業・金融機関ではなく個人を主要ターゲットとしています。また、その開発主体は、営利企業ではなく非営利団体のStellar Development Foundationとなっています。

 

仕様・仕組み

 

 

Stellarの基本的な仕組みはRippleとほとんど同じです。実際にかつてはRippleと全く同じ取引の承認システムを利用していましたが、2014年にアクシデントで取引台帳の分岐(フォーク)が発生したため、Stellarの開発チームは取引の承認アルゴリズムであるRipple Consensusに問題があるとして、新たにSCP(Stellar Consensus Protocol)を開発し、2015年に導入しました。

SCPはRipple Consensusと非常によく似た仕組みです。RippleのUNLにあたる取引の承認者リストは、Quorum slices(定足数の小団体)と呼ばれており、Rippleでは(利用ユーザーが全て同じUNLを選択しているという前提のもと)UNL中の80%以上が合意しないと取引台帳の分岐が発生する恐れがある一方で、SCPではそのような懸念を解決しており、分岐せずに合意に至れるとしています。

Stellar内の基軸通貨はXLM(ルーメン、Lumens)と呼ばれています。初期はSTR(Stellar)と呼ばれていましたが、2015年にXLMへと改名されました。

XLMは最初に1,000億XLMが発行され、その後年率1%増加していくことになっています。これはRippleに1,000億XRPという発行上限があることと対照的です。

また、Stellarは開発チームのSTR保有量はRippleよりも少ない5%であり、大部分の通貨を外部に配布する予定であるというのが特徴です。

 

Stellar公式サイト

Stellarフォーラム(reddit)

 

Stellarを取り扱っている取引所

 

 

会員登録をご希望の方
LINEID:bigroad-japan
配信のみをご希望の方
LINEID:@koz7759e

BIG ROAD! Go to the good place

Copyright © BIG ROAD!. All Rights Reserved.