メニュー

BIG ROAD! Go to the good place

BEGINNER入門編

ビットコイン
入門・5

★ビットコイン入門・5★

 

 

 

ビットコイン入門・5では投資に関する(用語)を勉強していきたいと思います。

投資する時に思うのは、投資したビットコインはどうなるのだろうか?帰ってくるのだろうか?

 

利益の方も気になりますよね、日にどれくらいの配当がもらえるの?月でどれくらいもらえる?

とかすごく気になりますよね。

この案件に投資して、どれくらいの利益になるのか?とか

そこらへんを一緒に勉強していきたいと思います。

 

 

 

【目次】

 

1.日利益・月利益・年利益

2.複利運用

3.元本保証

 

【ネットワークシステムに関する用語】

4.バイナリー

5.スピルオーバー

 

 

 

①【日利益・月利益・年利益】

 

例)日利5%のHYIP案件に10万円を投資した場合

 

★日利益5%の場合★

100,000×0.05=5,000

日にもらえる配当は5,000円になります。

 

 

★月利益の計算の場合★

単純に日利益×その月の日数

月の日数が30日の場合

5,000×30=150,000

 

月の収入が150000円になるので

投資額100,000円

元本含めて250,000円

250,000-(投資額100,000)=150,000

この月の利益は150,000となります。

 

★年利益の計算の場合★

単純に日利益×その年の日数

年の日数まるまる365日利益が上がるとした場合

5,000×365日=1,825,000

 

年の収入が1,825,000

投資額が100,000円

1,825,000-100,000=1,725,000

この年の利益は1,725,000になります。

すごいですね!!なかなかこんなにうまいこと行くことはないんですが!!

これが年利益の計算になります。

 

(案件)によっては平日だけの営業で利益が発生するとか!!

色々ありますので、最初に投資する前に計算する必要があると思います。

 

 

 

②【単利運用・複利運用】

 

★単利運用★

単利運用は簡単に言うと元本に利益が発生するって考え方です。

(例)月利益5%の案件に100万円投資しました。

・元本1,000,000円に5%の利益がつきますので

・1月後、元本合わして1,050,000円の計算になります。

2ヶ月目は1,100,000円 3ヶ月目は1,150,000円が単利運用の計算になります。

 

★複利運用★

複利運用とは

投資した元本に対して利益が出た分をさらに投資に回すやり方ですね。

(例)月利益5%の案件に1,000,000円投資しました。

 

1ヶ月目は単利運用と一緒の計算になります。

1ヶ月目は1050,000円

 

2ヶ月目は利益50,000円をさらに投資(複利運用)します。

2ヶ月目は投資額が1,050,000円からのスタートになります。

2ヶ月目の利益は52,500円になり元本合わして1,102,500円になります。

 

3ヶ月目はさらに52,500円をさらに投資(複利運用)します。

3ヶ月目は1,102,500円からのスタートになります。

3ヶ月目の利益は55,125円になります。

 

さて、3ヶ月の運用でいくらの利益が出たのか?

投資が1,000,000円(複利運用102,500円)

元本含めて1,157,625になります。

3ヶ月間運用して利益が157,625円になります。

これが複利運用です。

単利運用するよりも7,625円利益が多くなります。

 

 

 

③【元本保証】

 

これは簡単に言うと、投資した金額が帰ってくるか帰ってこないかの違いです。

案件では

元本償却とか元本返却とか

書かれてることが多いですね

 

元本保証されていない案件は、元本保証がされてない分

配当が高かったりします。

HYIPですね!!

配当が高い分、投資した金額が戻ってくる確率が高くなります。

配当が高い分、危険性も感じますね。

HYIPは【分散投資】を心がけましょう。

 

 

 

【ネットワークシステムの用語】

 

④【バイナリー】

バイナリーシステムとは、枝分かれが2つのラインで作られているシステムです。

自分の下(ダウン)に2つ付けて、その下(ダウン)にまた2人

と下(ダウン)左右に順番に付けていくシステムのことをバイナリーシルテムと呼びます。

 

上記バイナリーの図になります。

バイナリーの注意点は左右に(ダウン)が出ていないと、ボーナスは発生しません。

 

 

⑤【スピルオーバー】

スピルオーバー=棚ぼた

バイナリー案件でスピルオーバーは起きます。

スピルオーバー(棚ぼた)自分が紹介を出さなくても、紹介者をいっぱい出す人の下

に付いておけば自分の下に、勝手に紹介者がついていきます。

これがスピルオーバーと言います。

悪い話ではないです。しかし!!

 

バイナリー案件に多いのは、スピルオーバーしますが

左右に落ちないで、(左)(右)片側にスピルオーバーするため

左にスピルオーバーが入ると、右側に自分が直接紹介者を出す必要があります。

そうしないとボーナスが発生しません。

そう甘くはないみたいですね!!

 

あと覚えておくことが1つあります。

バイナリーは左右に伸びますが、計算として左右の(ダウン)の少ない方が

バイナリーボーナスの対象となります。

 

 

 

ビットコイン入門・6【マイニング】

会員登録をご希望の方
LINEID:bigroad-japan
配信のみをご希望の方
LINEID:@koz7759e

BIG ROAD! Go to the good place

Copyright © BIG ROAD!. All Rights Reserved.