メニュー

BIG ROAD! Go to the good place

VIRTUAl MONEY通貨一覧

Factom【FCT】

Factom【ファクトム】FCT

 

 

Factom【ファクトム】とは

 

このファクトム(Factom)を使用することで、文書や契約書を始めとするありとあらゆる電子データの記録・管理を第三者の依存なしに証明することができるのです。機密事項の管理には多大なるコストとセキュリティ対策が必要になる上に、データ漏えいなどにより企業が被る損害ははかりしれませんよね。

 

将来的にこのファクトム(Factom)を利用することで、今までよりもかなり低コストかつセキュアに管理できる可能性があります。

 

 

ファクトム(Factom)の仕組み

 

次にこのファクトム(Factom)の仕組みについて少しみていきましょう。ファクトムは、ファクトムプラットフォームが支えるサーバー(以下、ファクトムサーバー)によって管理される分散型データベースである「エントリーブロック」「ディレクトリブロック」、そして最終的に記録が行われるビットコインのブロックチェーンによって構成されています。

 

ユーザーは、まず利用料金を支払い、データをファクトムサーバーにエントリーします。エントリーされたデータはファクトムサーバーが確認を行った後に、暗号化された状態で「エントリーブロック」に格納されます。そして格納された情報は、「ディレクトリブロック」の中で設定されたカテゴリーごとに分けられます。

 

こうしてまとめられたデータはさらに暗号化されて、10分ごとにビットコインのブロックチェーンへと記録されます。

 

 

 

 

ファクトムの利用料金は「Entry Credit」で支払われます。Entry Creditは、ファクトムのもう一つの通貨である「Foctoid」と交換することで手に入れることができます。Factoidは、取引所で取引できるほか、ファクトムサーバーの報酬として支払われます。一方で、Entry Creditは他社のものとは交換できず、サービスの利用のためだけに存在します。

 

Factoidをそのままファクトムの利用料とせずに、Entry Creditに変換させるのには理由があります。1つ目は、Entry Creditはファクトム内での利用だけに制限することにより、悪意のあるハッカーなどが盗み出す経済的なインセンティブを減らすためです。2つ目は、利用料の増減の幅を抑制することです。

 

暗号通貨を投機目的として利用する人々によってFactoidが大量に売り買いされると、サービスの利用料金が乱高下してしまいます。サービスとしてファクトムを利用しようとするユーザーにとっては、時期によって利用料金が変動してしまうようなサービスになってしまいます。それを防ぐ目的で、ユーザーは任意のタイミングでEntry Creditへ変換を行うことにより、利用料金の乱高下のリスクを軽減することができるというわけです。

 

このように目的に応じて使用するコインや価値を分けることにより、サービスとしての使いやすさに焦点を当てた設計がなされているということです。

 

 

Factomを取り扱っている取引所

 

 

 

会員登録をご希望の方
LINEID:bigroad-japan
配信のみをご希望の方
LINEID:@koz7759e

BIG ROAD! Go to the good place

Copyright © BIG ROAD!. All Rights Reserved.